不動産投資のシノケン

CMでも有名

不動産業者にはいろいろな企業があります。一般には、土地や建物の売買といったところが中心になるのではないでしょうか。いろいろな不動産の業務があるのですが、その中でも特に不動産投資やアパートやマンションの経営を中心にしている企業があります。シノケングループは創業時からアパートやマンションといった賃貸物件の建築、販売をグループ企業で行っている会社です。CM等でも見かけるので、付き合いはなくても、企業は知っているという人も多いのではないでしょうか。
もともと、創業は福岡ですが、現在は福岡と東京の2つの本社で事業を行っています。創業当時に比べると企業規模は拡大していますが、事業内容は創業時から一貫して、不動産投資を中心にしている企業なのです。

特徴的な不動産投資

不動産投資は基本的に土地や資金などの資産がある人向けと考えられていますが、シノケンが扱う不動産投資は少々異なります。
不動産投資はある程度投資知識のある人向けと思われがちですが、シノケンで販売している不動産投資は初心者でも気軽に始められるアパート管理が売りになっています。
初心者は土地や頭金などが少ないため、不動産投資の自己資金が不足するのではと思えますが、シノケンのアパート管理は自己資金が少額でも始めることが可能です。もちろん、自己資金は必要になりますが、借り入れて始めることができるそうです。
もちろん、借りたお金は返済の必要がありますから、負担になりそうなのですが、アパートやマンションの場合、定期的に家賃が収入として期待できます。
その家賃収入で借りたお金を返済するという方法をとるため、土地や資金がなくても可能となっているのです。ですから、サラリーマン等であっても可能になるのです。
実際にシノケンで不動産投資をしている人のほとんどがサラリーマンや公務員ということなので、土地などの自己資金が必要ないことが分かります。

将来を見通した不動産投資

不動産投資は資産を増やすことが目的なのですが、近年、その目的が変わってきています。大きな財産を築くというものではなく、老後を考えた資産づくりです。
少子高齢化によって将来が不安になっている人も少なくありません。30年のローンを組んで、アパート経営を開始したとすると、30年間はローンの返済でそれほど利益がでることはないかもしれません。
しかし、ローンが完済すれば、家賃はそのまま収入となります。30歳で始めれば、60歳からは全て収入となるでしょう。
また、年数が経過してアパートが古くなったときに取り壊すことになっても、土地は自分の所有ですから、土地は自分の資産として残ります。
こういったスタイルの不動産投資を創業当時から行ってきているそうです。土地の価値についても、シノケンは好条件の土地のみしか使用しないため、資産価値が高くなることが期待できます。これなら、将来のための投資をすることができるのではないでしょうか。

‼お勧めサイトの紹介‼シノケングループ【(株)シノケングループ【東証JASDAQ上場】/(株)シノケンハーモニー他】の新卒採用・会社概要 | マイナビ2020